ファンドを選択するために運用会社を見極めるには?


投資信託商品と運用会社!

ファンド(投資信託)を選択するにあたっては、その投資信託商品の良し悪しもさることながら、そのファンドの運用会社の良し悪しも判断材料の一つになると言って良いのではないでしょうか。でも、普通の個人投資家が、そのような情報をどこで仕入れて、どのように判断することができるのでしょうか。ここでは、この点について考察してみることにしましょう。まず、一番悪いパターンというのは、詐欺まがいの商法にひっかかって、変な会社のファンドを購入してしまうというケースです。

販売会社の窓口での相談!

このようなことのないように、信頼できる販売会社からファンドを購入するというのが鉄則と言えるでしょう。それでは、その信頼できる販売会社から、どのようにして情報を仕入れることができるのでしょうか。販売会社の窓口に行って、ファンド購入の相談をするというのも一つの手です。でも、この場合には、あまり体系だった知識を得ることができないと言えるかもしれません。そこで、オススメなのは、セミナーに参加することです。

セミナーに参加して情報を仕入れる!

例えば、大手の証券会社では、毎日のようにセミナーを開催しているところなどもあります。このようなセミナーでは、各種のセミナーが開催されていますが、最も多いのは投資信託商品に関する説明会だと言えるでしょう。ですから、このようなセミナーに毎回参加していれば、世の中にはどのようなファンドがあって、それはどの会社が運用を行っていて、その会社にはどのような特徴があるのかというようなことが判ってくるわけなのです。

ファンドの会社とはファンド(資金)を運用して得られた利益を資金提供者に還元する会社のことです。資金の運用方法は新しい事業に出資する、株や債券に投資する、などがあります。

ファンドへの投資の詳細はこちら