再建築できる保険金が必要です


時価ではなく新価を選びます

火災保険の選び方で重要なのは、火災の損害が発生した際に、元の建物を再建築できるだけの保険金が支払われる契約にすることです。そのためには、時価の保険ではなく新価の保険に加入しなければなりません。時価の保険の場合には、建物の減価償却による劣化を含んだ時価で保険金が支払われます。新築からの年数を経るほど時価は低下します。時価で保険金を受け取っても元の建物を再建築することはできませんので、再建築できる保険金が支払われる新価の保険を契約するべきです。

全部保険にしなければなりません。

建物の価値と保険金額が一致している保険契約を全部保険と呼びますが、それが健全な契約であると言えます。建物の価値を下回る保険金額を設定することを一部保険と呼び、全部保険と比較すると保険料は安くなりますが、火災などの損害の際に受け取る保険金が不十分になります。例えば、建物の価値の半分の保険金額に設定すると全ての事故において、損害額の半額しか保険金は支払われず、保険金額を上限に損害額の全額支払われるわけではありません。

家財も対象にしなければなりません

火災保険の目的を建物だけにする契約も可能ではありますが、家財も目的にして契約するべきです。火災の際には建物のみならず家財も損害を受ける可能性があるからです。消火活動によって家財が水浸しになってしまい、建物の損害は少なかったものの家財が全て使用不能になってしまうような例も少なくないのです。建物と比較すると家財の価格は低いですが、家財の全てを合計すると高額になることを忘れないようにしなければなりません。

火災保険では、火災発生時に充実した補償を受けられるプランが多数存在し、万が一への備えとして大変有効です。