信用取引を行う利点とは


信用取引の基本的知識

信用取引においては、自分の資金の3倍の取引が行なえるようになると言えますので、非常に多くの方が活用されています。従って、リターンを手にできるチャンスも多くありますが、リスクの責任を持つ危険性も高いといえます。言ってみればハイリスクハイリターンの売買法になります。 信用取引は主として、 証券会社から資金を借り入れて株を手に入れる 信用買いと証券会社から株を借りてその株を売り払う空売り の手法が用いられます。

信用買いで3倍の取引が可能です

信用買いは自己資金の3倍の取引が出来ます。 わかりやすく説明すると、100万円の資産において300万円の株を手に入れることが出来ます。3倍の株を確保することが出来るということです。 株は株価が高価なほど、株価の反応する価格の動きが大きくなるのです。そのためそういう様な株に短時間の投資をして利ざやを手にすることも可能だと言えます。 デイトレードなどを行なう方には非常に利点が有り得るのが信用買いといえます。

空売りで株価下落でも利益がでます

また、空売りは 信用取引のおいての代表的な利点といってもオーバーではないといえます。 空売りは 購入していない株を先に売り払うことが可能という事です。 どのようなシステムかといいますと、証券取引所からその株を借り入れて、先に売り払います。 借り入れていることになりますから しばらくしてから、その株を買い入れて証券取引所に戻します。 要するに、近いうちにその株は下落するといった銘柄を、 株価が高価なタイミングに空売りし、 株価が安価なタイミングに買い戻しますと利益になります。

信用取引とは、持っている株式や資金を担保に証券会社からお金を借りて行う株投資の方法の1つのことです。