簿記試験の合格方法について


実務と簿記試験について

会計事務所に勤務することや経理部に配属された場合にダイレクトに仕事に生かすことができる資格が簿記試験です。またこれらの業種や部署へ配属された人だけでなくたとえば営業パーソンであっても会計のルールを理解していることは強みのひとつになります。たとえばビジネスをする上で決算書の内容を把握することが必要になる場面があります。そういった際に会計のルールを知っていることでより理解が深まってくることになります。

簿記試験の種類と内容について

簿記試験は、主催している団体がいくつかあります。もっとも多くの受験者がいる試験は商工会議所で行われている日商簿記試験です。日商簿記は1級から3級まであります。実務上のスキルとして認識されるのはだいたい2級の試験に合格することが多くなっています。試験会場は全国各地で行われています。試験の内容は2級の試験であればそのほとんどが計算問題となっており、そのうちいくつかの問題が勘定科目を使って仕訳をする問題が含まれます。

簿記試験合格のための勉強法

この資格の取り方は、とにかく仕訳を意識するということです。したがって勉強の基礎となるのは仕訳です。これは勉強に限らずその後の実務を行っていく上でも基本となるものです。その理由としては簿記の試験で問題を作ろうとした場合に単純な問題は仕訳をそのまま問うものであり、複雑な問題は仕訳をいくつか組み合わせることになるからです。したがって簡単か難しいかは仕訳がどの程度組み合わさっているかであり、根本的には仕訳をきちっとできているかが問題となるからです。

簿記の講座をやっている所は多いです。それだけ需要があるということです。簿記は、文章の理解力さえあれば計算が苦手でも大丈夫です。文系の人に向いているでしょう。