自己破産手続きにかかる弁護士費用


自己破産にかかる弁護士費用の相場

自己破産の手続きを弁護士に依頼した場合にかかる費用は、依頼する法律事務所によって異なります。弁護士費用は平成16年から自由化されており、弁護士が所属する弁護士会で、一律に報酬規定が定められてるということではありません。費用の規定はありませんが日本弁護士連合会の調査によると、自己破産で弁護士に依頼した場合の費用の目安については、着手金が20万円〜30万円、成功報酬が0円〜20万円が相場となっています。

自己破産には、裁判所への予納金を発生します

最近では、着手金0円という法律事務所も存在していますが、一般的には、自己破産にかかる弁護士費用は、着手金・成功報酬金・事務手数料となり、合計で20万円〜50万円が費用の相場となります。また、弁護士費用とは別に、自己破産には裁判所にかかる費用も発生します。裁判所には予納金を納める必要があります。これらの費用は、法律事務所や裁判所によっては分割払いも可能となっています。基本的に、債権者数が多いなど、弁護士の手間や拘束時間がかかるほど、弁護士費用は高くなっていきます。

着手金の意味について

破産手続きの弁護士報酬は、平成16年4月1日に報酬基準が撤廃され自由化されました。そのほかの債務整理である過払い金返還請求などでは、報酬指針が存在しているのですが、自己破産に関しての指針は存在せず、各法律事務所の判断に委ねられています。ちなみに、弁護士に債務整理を依頼する際に発生する着手金とは、手続きを行なって免責が成功するかどうかの結果にかかわらず、依頼を請け負うことに対して弁護士に支払う報酬のことです。

借金は返せなくなると、返済の為の借金を繰り返すしか方法がなく、雪だるま式に膨れ上がります。 そんな場合は自己破産することで自分の人生をやり直す事が出来ます。